初めての電源選び[インバーターとは]

インバーターとは

インバーターとはサブバッテリーなどの電気(DC12V)を一般家庭用コンセントに流れている電気(AC100V)に変換してくれる機器です。ここでいうインバーターとは変換器だと考えて下さい。

電気を蓄電・電気を変換

インバーターとサブバッテリーがあれば、車中泊やアウトドアで家電が使える!快適車中泊!

インバーターとサブバッテリーがあれば、車中泊やアウトドアで家電が使えるのでより便利で快適に過ごすことが可能です。

インバーターの出力波形について

インバーターから出てくる電気の波形には【正弦波】【擬似正弦波】【矩形波】の3タイプがあります。
家庭用の電気と同じ波形が【正弦波】という波形であり、精密機械やマイコン制御の電気製品(電気毛布など温度調整ができるもの)でも使用することが可能です。

正弦波・疑似正弦波・矩形波のイメージ図

家庭用電気の波形 = ” 正弦波 ”

【擬似正弦波】や【矩形波】のインバーターでは動かない電気製品がございますので【正弦波】のインバーターをお求めになることをお勧め致します。 オンリースタイルマルチインバーターやパワーインバーターは【正弦波】インバーターです。

正弦波インバーター(マルチインバーター・パワーインバーター)

インバーターの定格出力(容量)

インバーターには800Wや1500W、2000Wなどと、出力できる大きさによって様々な種類があります。 オンリースタイルマルチインバーターを例にとると800W、1500W、2000W、パワーインバーターを例にとると1500W、3000Wというラインナップがあり、簡単にご説明すると数字が大きければ、高い消費電力の電気製品が使えたり、多くの電気製品が同時に使うことが可能です。

使える電化製品(電力量)が増える

リチウムイオンバッテリーの登場により、キャンピングカーや車中泊、マリンなど従来のエンジン式発電機 や従来の鉛ディープサイクルバッテリー(蓄電池)から、リチウムイオンバッテリーを使った電源への置換えが徐々に進んできております。

800WタイプでOK

上記電気製品に加え、更に多くの電気製品や単体で多くの電気を消費する電気製品(電気ポットや電子レンジなど)を使う場合には1500Wタイプ、又はそれ以上のタイプをご検討ください。

1500Wタイプ又はそれ以上

一番間違いのない選び方は、余裕を持って定格出力の大きいタイプをお選びいただくことです。

※UPS機能や充電器内蔵タイプを重視する場合マルチインバーターシリーズをご検討下さい。

インバーター選定のポイント

インバーターも他の家電製品同様に精密な電気機器です。性能ギリギリまで使用するより常に余裕をもった使い方をすることをお勧め致します。

既にバッテリー充電器をお持ちか、リチウムイオンバッテリ ーを急速充電して使うことを想定している場合、充電器が 内蔵している必要がなくなりますので、コンパクト設計の パワーインバーターシリーズがお勧めです。

補足

インバーターがたとえ3000Wタイプでも、サブバッテリーの容量が小さければ使える電 気の量(サブバッテリーに溜めている電気)が少ないのでインバーター本来の性能を発揮 することができません。
また、使える電気の量が少ないので消費電力の大きな電気製品を動かすことができない か、動いたとしても一瞬で電気を使い果たしてしまいます。

推奨サブバッテリー容量

インバーター別、理想の消費電力合計

※家電製品によっては表示されている消費電力の数倍~数十倍になると言われております。 上記は目安であり動作を保証するものではありません。

インバーターの定格出力数≒使える電気製品の消費電力量

サブバッテリーの容量≒電気製品を動かせる時間的長さ

突入電流にご注意ください

電気機器の電源を投入する際に、その初期段階で定格消費電力を超えた大きな電流を消費する事があります。 この電流の事を突入電流と呼ばれます。

突入電流の大きさは機器によって様々ですが2倍~3倍ぐらいの突入電流が発生する事もございます。 突入電流の大きな機器をご利用予定の場合は余裕を持ってお選びください。

突入電力の大きな機器

モーターを動かす機械は大きな突入電流が発生する場合がございます。

電動工具・冷蔵庫・掃除機

このような機器は3倍程度の突入電流が発生する事が予想されますのでご利用をご検討中のお客様は事前にお電話(03-4455-7426)でご相談ください。

”マルチインバーター”と”パワーインバーター”の違い

一番の違いは充電器が内蔵しているか、内蔵していないかです。

どちらが良い悪いと言う訳ではなく、お使い方や運用方法によっ てお勧めが異なりますので ご説明いたします。

右表はおおまかな機能を単純に比較した表になります。 インバーター単体で考えた場合には、容量を考えて選定すれば 良いのでそれほど難しいことはないと思います。インバーターの 容量についてご覧下さい。 オンリースタイルリチウムイオンバッ テリーはどちらも対応しております。

マルチインバーター パワーインバーター
充電機能 あり なし
周波数切替機能 50Hz/60Hz切り替え可能 50Hz/60Hz切り替え可能
UPS機能 あり なし
リモコン 有線 有線
本体サイズ 標準的なサイズ コンパクト設計

バッテリーや充電器を考慮してインバーターを選定する場合について、使い方や運用方法別にお勧めの組合せをご紹介いたします。

急速充電の必要はない・UPS機能が使いたい・別途充電器を購入したくない

マルチインバーター + リチウムイオンバッテリー セット

リチウムイオンバッテリーと組み合わせ急速充電したい・鉛ディープサイクルを400Ah以上並列にしている

※注意 インバーターやバッテリーに接続するケーブルに緩みがあると充放電の際に発熱し、被覆が溶けるなど大変危険です。
定期的に各部に緩みがないか点検することを心がけてください。

リチウムイオンバッテリーを急速充電する場合、マルチチャージャーが必要なので、マルチインバーターに内臓さ れている10A充電器が必要ないことから、よりコンパクトなパワーインバーターがお勧めです。